かつて古代の詩人たちが表現した夜明けの空の色調の繊細さ、しばしば甘えや官能性の同義語としても扱われたピンクは、時代の遷移と共にその意味合いも変化してきました。ピンクに惹きつけられてやまないビュリーから、ピンクとバラをテーマにした貴重なパウダーや珍しい美容道具、花の香りなどの品々をご紹介いたします。

ピンクパワー 甘美で情熱的なバラの色

13 items
13 items